一目惚れ・・・

あなたに一目惚れをしたのが14年前。

きらびやかで、

かっこよくて、

優しくて、

素敵だった。

私には遠い存在だった。

そんなあなたと再会して、

どんどん私のお熱が上がった。

大好きで大好きでたまらなくなって。

抱かれた時は、

死んでもイイって思った。

幸せ過ぎて、

死にたいぐらいだった。

まだまだ子供で未熟で、

わがままで乱暴で、

寂しがり屋で泣き虫で、

たくさん裏切った。

でも、

全部カミングアウトして怒られた。

怒られたコトがなかった私は、

怒られるのが新鮮で、

嬉しかった。

図に乗ってた時もあった。

爆裂に頭がキレてる時もあったけど、

好きな人・・・

愛する人は・・・

いつもあなただけ。

ずっと・・・ずっと・・・。

逢えない時期もあって、

心にぽっかり穴が空いた。

ひたすら仕事してた。

法律違反ギリギリまでフルで働いていた。

掛け持ちもしていた時もあった。

頑張ってた。



また、

あなたに逢える様になって、

私は三十路を過ぎてしまった。

出逢った頃は十代だったのに。

今まで、

いろんなお声を掛けられたよ。

美味しい話や、

ビッグな話もたくさんあったけど、

あなたのコトが好きだから、

すべて断ったの。

後悔はしてないよ。

だって、

あなたがいるのだから。

日本のどこかにいるのなら、

私は待ってる。

もっと・・・もっと・・・

逢いたいし、

欲しいけど、

私は待ってる。

うちら、

やっぱり腐れ縁だね。
[PR]
by ran-2005 | 2010-11-23 22:20 | 恋愛